杜の都の住人さくらが日々の想いを綴る・・・ さくら草紙(Yahoo!)の 続編です


by withme95
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

やった~♪

f0084048_22225442.jpg合唱での初めの一歩・・・・

第59回宮城県合唱祭

大ホールでの最後のEブロックに出演して、

ブロック賞 をいただきました!



どしゃぶりの雨の中、なんとか地図通りにたどり着くことができました。
集合時間にはまだまだ早いので、Bブロックの演奏を聴きに行きました。

小ホールはステージと客席がとても近く、歌っている人達の息遣いや
表情までもが伝わってきました。

中学生、高校生、大学生、一般あわせて63団体が参加した合唱祭。

中学生のピュアな歌声、制服で踊りながら歌う高校生の華やかさ、
衣装にも趣向を凝らした大学生、そして、「合唱が好き」というパワーが
若さの秘訣かも!?の還暦を越えた合唱団まで・・・・
多種多様なハーモニーが奏でられました。

Bブロックの発表を聞いた後、ステージコートに着替え、リハーサル室へ。

大ホールでの立ち位置のバランスなども考慮しつつ歌ってみると、
普段の練習では感じることのなかった「となりとの距離」を実感・・・・
ひとりひとりが、しっかり自分の音を出して想いを伝えなければ、
良い合唱にはならない、という言葉の意味を再確認しました。

Eブロックは、海外公演を控えている女子高や、重厚な響きを誇る
男声合唱団、今年創立60年を迎えた伝統ある合唱団など・・・・
なかなかの激戦区とのこと。

ビギナーズラックを信じて・・・・
「どんな想いを誰に伝えようとして歌っているのか?」
心と頭でイメージをつくりあげて、私の音を届けることにしましょう♪

ステージの上、指揮者Hさんの肩越しに見える客席は予想以上に
広くて・・・・ワクワク、嬉しくなりました。

大ホールをいっぱいに使って奏でた Epice のハーモニー。
最後の音が消えた後の心地良い静寂・・・・
ステージ上の私たちだけでなく、客席の皆さんにも存分に余韻を
楽しんでいただけたように思います。

にこっと笑顔になった頃に、会場全体からまきおこった拍手。
・・・・やみつきになりそうです。(笑)

ブロック賞は、各ブロックごとに、「もう一度見たい・聴きたい」と
思った1団体に対しておくられる賞です。

発表された時は、「え~!?」という驚きの方が大きかったのですが
入団早々、このようなステージに立てたことを本当に嬉しく思います。
ありがとうございました。

クロージングコンサートでは、ブロック賞をとった5団体(Dブロックが
遠方の高校のため、クロージングまで残れず帰ってしまったとのこと)
それぞれが時間を短縮して演奏。

最後のEブロックだったため、リハーサルなし、座席での打ち合わせ
のみで再びステージへ。一日に2回も盛大な拍手を受けることができ
本当にラッキーでした♪

次のステージに向けて、これからも楽しく歌っていきたいです。
[PR]
by withme95 | 2006-05-28 23:29 | 合唱