杜の都の住人さくらが日々の想いを綴る・・・ さくら草紙(Yahoo!)の 続編です


by withme95
カレンダー

<   2006年 10月 ( 22 )   > この月の画像一覧

理由

「好きになるのに理由はいらないけど、別れるためには理由が必要でしょ。
でないと、終わらせられないじゃない。」
 私は黙って頷くのみだった。あまりにごもっともな意見である。


                恩田 陸 『まひるの月を追いかけて』より


私が参加しているMLのひとつから、突然、「ML休止、参加アドレス削除」
お知らせがきました。

たしかにMLは、管理人が「削除」ボタンを押せば、あとかたもなく消えて
しまう存在です。そんなMLに対して、なぜ休止するのか、理由が知りたい
と思うのはいけないことなのでしょうか?
[PR]
by withme95 | 2006-10-30 22:22 | 言葉

亡国のイージス

日曜洋画劇場で 『亡国のイージス』 を観ました。

「生きろ!」という迫力あるメッセージは伝わってきましたが、
私の苦手な暴力&流血シーンの多いこと、多いこと・・・・。

劇場の大画面で観ていたら、間違いなく途中退場でしたね。

このままだと夢見が悪そうだから、『魔女の宅急便』 観ようっと!
[PR]
by withme95 | 2006-10-29 23:45 | 映画

政宗の国づくり

f0084048_23471370.jpg仙台市博物館で、佐藤憲一館長による
「国づくりの理想と現実~伊達政宗の苦労~」
という講演会をきいてきました。

1.仙台築城~国づくりにかけた政宗の夢
2.仙台藩を築く~創業者として

『仙台市史』や『伊達政宗文書』から引用した
史料もわかりやすく、なかなか有意義な時間でした。

最近は、現実に合わせて理想(目標)を設定している人が増えてきて
いるように感じます。(それ以前に理想すら持たない人も気になります)
が、やはり自分の中に理想を高く掲げ、現実をいかに近づけて行けるか
試行錯誤しながら努力を続けていくことの大切さを感じました。
[PR]
by withme95 | 2006-10-28 22:22 | 杜の都

忘れられない人

” 忘れられない人がいる どうしても会いたくて ”

                  小田和正 「緑の街へ」


10月24日になると思い出す人がいます。
新社会人として入社した会社の先輩だった人です。

「仕事はできるんだろうけど、無表情、無口でちょっと怖い」と
同期のMくんは言っていましたが・・・・
私が思い出すのはいつも、その先輩の笑っている顔です。

今ならわかります。
私、先輩が好きだったんだなぁ・・・・って。

世界恐慌が始まった「暗黒の木曜日」と同じ10月24日は、
その先輩のお誕生日。
[PR]
by withme95 | 2006-10-28 00:11 | 言葉

長浜城

f0084048_23192150.jpg

         「母と行く琵琶湖一周の旅」 その4 : 長浜城

黒壁スクエアの中でさまよっているうちに、入城終了時間を 5分 ほど
過ぎてしまい・・・・外から写真を撮っておしまい、でした。
(だからお役所仕事って言われるんだぁ! 5分くらいいいじゃないか・・・・)

うっかり母娘って、私達のこと?
   
[PR]
by withme95 | 2006-10-25 22:22 | 旅行

一豊千代博覧会

f0084048_05344.jpg

          「母と行く琵琶湖一周の旅」 その3 : 長浜


醒ヶ井から長浜へ。

道路沿いのあちこちに、「一豊千代博覧会」という立て看板がある
のを見て、お城を後回しにしてやってきたのが、黒壁スクエア。
一体どんな博覧会が催されているのか、期待して黒壁群の中へ。

More
[PR]
by withme95 | 2006-10-24 00:44 | 旅行

醒井宿

f0084048_23185043.jpg

         「母と行く琵琶湖一周の旅」 その2 : 醒井宿

濃霧の伊吹山から醒ヶ井の宿へ。

山を下りるにしたがって天気が回復していき(苦笑)
まぶしい日差しの中、醒ヶ井に到着しました。
醒ヶ井は中山道61番目の宿場で、居醒の清水を源流とする
地蔵川では「梅花藻」という水中花が見られるそうです。
・・・暑さに弱い私としては、真夏の暑さの中、梅花藻を見に行く
  気力・体力はありません。可憐な美しさを楽しむ余裕なし・・・・

透明感あふれる水の流れは見ていてとても清々しいものでした。

f0084048_23491647.jpg

f0084048_2346277.jpgf0084048_2348307.jpg
[PR]
by withme95 | 2006-10-20 23:26 | 旅行

伊吹山

f0084048_0575661.jpg

         「母と行く琵琶湖一周の旅」 その1 : 伊吹山


9月16日(土) 仙台空港から中部セントレア空港へ。

海の上に浮かぶ飛行機の形をしたセントレア空港、初上陸でした。
が、仙台からの到着口がいっちばん端っこなのはいただけません。
飛行機を降りてから、ひたすら歩いて歩いて、やっと動く歩道へ。
荷物を置いて、「ふぅ~」と一息ついている私とは対称的に、
動かない通路をスタスタ歩いて行く母・・・・はやっ!!
スタートから体力の差をみせつけられる私でありました。

空港からは高速を快調にドライブして、伊吹山へ。

台風が接近中のせいもあり、ドライブウェイを登り始めた頃から
霧が濃くなり、視界がどんどん悪くなっていきました。駐車場に
降り立った時は、強風でかなり気温も下がっていました。晴れて
いれば琵琶湖が一望できたはずなのですが・・・・残念でした。
しかし、高山植物を楽しみにしていた母の願いが通じたのか、
かろうじて雨は免れ、強風の中、登り始めました。ところが・・・・
途中から強風に小雨がまじり、植物どころじゃなく、ひたすら
地面だけをみつめて歩き続け、山頂にたどりついた時にはもう
ヨレヨレ状態の私でした。(苦笑)
高山植物? たしか、母が「きれいねぇ」って言いながらカメラに
おさめていましたっけ・・・・トリカブト。
[PR]
by withme95 | 2006-10-19 01:27 | 旅行

舘野泉さん

今日の午後は芸術鑑賞会。
今年は 舘野泉さん のピアノ演奏とお話でした。

プロフィールを見ると、舘野さんは5年前に脳出血で倒れ、右半身不随に。
2年半に及ぶリハビリ期間を経て、一昨年、左手による演奏会で復帰。
その後、彼のためにかかれた左手の曲を中心に全国各地でコンサートを
開いていらっしゃいます。

今日、舞台袖から登場された時も右足をひきずるようにしてステージ中央に
据えられたピアノまで歩いていらっしゃいました。その姿を目にした時、私は
演奏への期待よりも痛々しさを強く感じました。

しかし、彼は椅子にこしかけるとすぐに、力強く鍵盤をたたき始めました。

   左手だけでここまで豊かな音の世界を表現できるのか!

More
[PR]
by withme95 | 2006-10-16 23:24 | 学校

ありがとうございます

f0084048_0142041.jpg
umiusagiさんちからやってきたコナンくんファイル

わ~い♪

感謝の気持ちをこめて【16】嬉しかったあの出来事
にTBです。

「さりげなく人を気遣える言葉の言える人になりたい」

私はいつもあなたの言葉に励まされています。
あ、言葉だけでなく、おいしいお土産やコナンくんグッズにも・・・・(笑)
そんな風に、私のことを気にかけてくださる人がいる、ということが
とても嬉しいです。心があったか~くなります。
ありがとうございます。

「嬉しかったあの出来事」を読んで、チョット泣きそうになりました。
入院中や病気の時、「何気ない一言」に過剰反応してしまう私と
どこか重なっているような気がしたせいかもしれません。

このTB企画に感謝、です。
[PR]
by withme95 | 2006-10-15 22:22 | 好き♪