杜の都の住人さくらが日々の想いを綴る・・・ さくら草紙(Yahoo!)の 続編です


by withme95
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:言葉( 35 )

生きてこそ

生きてこそ 生きてこそ 今ここから始まる
  生きてこそ 生きてこそ 広がってまたつながる

生きてこそ 生きてこそ 無限に羽ばたく夢
  生きてこそ 生きてこそ その根は深く太く強く


                         Kiroro 「生きてこそ」

もうすぐ私の誕生日です。
何か新しいこと、始めたいなぁ。
[PR]
by withme95 | 2007-08-26 22:22 | 言葉

神はサイコロを振らない

「忘れないよ、君のこと。この次の十年も、その先の十年も」
                   大下英司 『神はサイコロを振らない』

映画「黄泉がえり」を観ながら、もうひとつの物語を思い出していました。
それは、表紙一面の青空にひかれて手に取った本でした。
ドラマ化もされたようですが、原作とは人物設定がだいぶ違っていた
ようです。(残念ながら私は観ていませんので、HPでの情報のみ)

10年前に行方不明になった飛行機が、10年後の羽田空港に着陸。
遺族にとってみれば長い長い10年も、飛行機に乗っていた人たちに
してみれば、さっき宮崎空港を離陸したばかりなのに、10年後?!

量子力学者の理論によれば、時空のねじれ(マイクロブラックホール)
のために引き起こされた現象・・・・3日後には再び消えてしまうのだと。

事故後の10年・・・・バブルははじけ、阪神淡路大震災、地下鉄サリン
事件と不幸な出来事が続き、日本はその歩みを止めてしまっていたか
のような状況の中、バラバラになってしまった家族や仲間が3日間とい
う限られた時間で、その絆を再生していく。

「もしかしたら、この運命を変えられるかもしれない」「変えてみせる」
という熱い思い、強い願望を持つ家族たちの気持ちがいたいくらいに
伝わってくる展開でした。

でも、「神はサイコロ(賽)を振らない」
アインシュタインが不確定原理への反論に用いた言葉がタイトル。
私たち人間にはわからないだけで、すでに決まっているんだよね。

それでも、10年前に行方不明になったままの人たちが10年後の
世界で持ち得た時間は、残された人たちにとってもかけがえのない
大切な時間だったわけです。

実際には、どれだけ願っても死者がタイムスリップして現れることは
ありません。でも、「もう一度会いたい」と思うのは、伝えることができ
なかった想いがあるからかもしれません。      「忘れないよ」

仏壇の写真や墓石に向かって話しかけている祖母を見て、「???」
と思っていた子どもの頃・・・・今なら、その気持ちが少しはわかる
つもりです。

今日の続きに明日がある。
当たり前のように思っていることが、事故や災害、急病などによって
突然途切れてしまう可能性もあるんですよね。

伝えたい想いを、伝えられる時に、伝えたい相手に、伝えること。
そして、生きていれば、何だってできるんだってこと。

「よく死ぬことは、よく生きること」

そんなことを考えていました。
[PR]
by withme95 | 2007-08-13 21:49 | 言葉

想い出ぽろぽろ

When the night has been too lonely
and the road has been too long
and you think that love is only
for the lucky and the strong
Just remember in the winter
far beneath the bitter snows
lies the seed
that with the sun's love
in the spring
becomes the rose

一人で行くには道があまりに寂しすぎて、
先の見えない道程に、あなたが立ち止まってしまうとき、
そして、愛は運命と力を手に入れた者にしか訪れないと、
あなたが悲嘆に暮れているとき、
思い出して、真冬のどんな深い雪の下にも
種が埋まっているの。
それは、春になれば暖かい太陽の光を受けて、
花開く薔薇になるのよ。

Bette Midler 「The Rose」
[PR]
by withme95 | 2007-08-09 13:30 | 言葉

タブーな話題

我が仏 隣の宝 婿舅 天下の戦 人の善悪
                          牡丹花肖柏

室町時代の連歌師いわく、茶事の席で口にしてはならない話題の一覧。

   宗教、隣人の懐具合、血の繋がらない家族関係、
   政治に、他人の善し悪し

室町時代の茶事の席だけでなく、心しておきたいと思う。
[PR]
by withme95 | 2007-07-27 13:02 | 言葉

大切な呪文

それでも、名探偵だって悩むし、ときどき間違うことだってある。
キリコちゃんにだってどしゃぶりの日はやってくるのだ。

それでも彼女は大切な呪文を知っているし、いろんな人と出会うことで、
また新しい呪文を覚えていくのだと思う。

どしゃぶりのあと、泥だらけの靴痕をモップでぴかぴかに磨き上げながら。


             近藤史恵 『モップの魔女は呪文を知っている』

”お掃除がしたくなるミステリ”と勝手に名付けたキリコちゃんシリーズの
新刊です。今回は前2作ほど、お掃除はしたくなりません(笑)・・・・が、
思わず一緒に泣いてしまった話がありました。

3番目の扉(今回は章の入り口がドアのイラストになっています)を開けた
「第二病棟の魔女」というお話です。

巻末の参考文献で、「看護学生専用レッツ復習学習帳」というのを見つけ
(注:国試対策用問題集のかわいい版、って感じの本です)看護学生さんが
登場しての病院の謎・・・・という話なのかと予想していたのですが・・・・
いい意味でその予想は裏切られました。

舞台になっている第二病棟は小児病棟です。
入院中の子ども達の子どもらしいしたたかさ、子どもならではの不器用さ、
そして、子どもの持つたくましさが、よく描かれていたと思います。
特に自分が「ぱんぱんにふくらんだ風船」になった気がするって女の子の
言葉が印象的でした。

真夜中に掃除をしていて、子ども達に「魔女」と間違えられたキリコちゃん。

私にはまだ、病院で身内を亡くした経験はありませんが、
「幽霊でもいいからもう一度会いたい」と思った時、最後の場所である病院
に行こうと思うのでしょうか・・・・かえって辛い思いをするだけのような気も
するのですが。

身内を失って傷つかない人なんていない、けれども生きている人はどうにか
自分に折り合いをつけて、生きていかなければなりません。

悲しみを癒す呪文、強く生きていける呪文、欲しいものを手に入れる呪文。
いろんな呪文を使いながら、私も日々生きているのかもしれません。

引用した言葉は、「あとがき」の最後の部分です。
この作家さんのあとがきには、私の中で、印象に残る言葉が多いんです。

あとがきを先に読む人もいるでしょうが、この人の場合は、本文を読んだ
後だからこそ響いてくる、本来の意味でのあとがき。
楽屋ネタや次作の宣伝、内輪の関係者への御礼に終始するあとがきに
うんざりしている方、うっかり読み逃さないように、ご注意を。
[PR]
by withme95 | 2007-07-02 22:14 | 言葉

オレオレ

23:10過ぎ、電話が鳴ったので出てみれば、

  「オレ、オレ」

非常識な時間に電話をしてきた上に、明らかな関西なまりで
「オレ」を連呼するような知り合いはいません。

父母の知り合いにしては、声が若いし・・・・
私の知り合い以外で自宅に電話をしてくる関西人はいないはず。

「どちらのオレ様が存知上げませんが、このような時間に
 間違い電話は迷惑です。」
        「え? ×××ー××××でしょ?」

たしかに、番号は合ってる・・・・

        「番号、合ってるでしょ? どちらさん?」

はぁ~!?(怒)

「人に名前を尋ねる前に、まずはご自分の名前を名乗ったら
 いかがですか?」
         「・・・・水野ですけどぉ」

「うかがった電話番号はたしかに我が家のものですが、
 水野さんという知り合いはいません。」

         「でも、×××ー××××なんでしょ?」
「そうですが・・・・その番号の何という家におかけになったの
 ですか?」
         「・・・・・・・・」

我が家の名前も知らずに電話をかけてくるような人の相手は
できません。不愉快です。

こんな時間だけに、生死にかかわる電話かもしれない、と思って
出てみれば・・・・とんだ「オレオレ」電話。

こうやって、ますます私は電話が嫌いになっていくのでした。
[PR]
by withme95 | 2007-06-13 23:54 | 言葉

泰然居士

6月6日に亡くなった、祖母の兄(やまねのじいちゃん・102歳)の
告別式に参列してきました。

「一生懸命働くこと、家族を大切にすること、そして、どんな時にも
ありがとう、という感謝の言葉を忘れないことを教えてくれました。」


喪主をつとめたYさんが、100年を越えるじいちゃんの人生を、
愛情と尊敬の念をこめた優しい言葉でゆっくりと語るのをききました。
今にも「ありがとう」というじいちゃんの声が聞こえてくるようで・・・・
祭壇の真ん中に飾られた、100歳のお祝いの時に撮った写真が、
どんどんぼやけていきました。

じいちゃん、長い人生、本当にお疲れ様でした。

うちのおばあちゃんも、元気に100歳のお祝いができるように、
どうぞ見守っていてくださいね。
[PR]
by withme95 | 2007-06-10 23:22 | 言葉

市の広報

今月1日付けの市の広報におばあちゃんが載りました。

「長老をたずねて」というコーナーです。

***

 明治45年2月23日生まれ、95歳。

 「お茶を持って、おやつを持ってゲートボールに出掛けることが何よりの
楽しみでした。試合で山元町の山下に行ったこともあります」と話すとしい
さんは、十年ほど前まで続けていた大好きなゲートボールのことについて
明るくはつらつとしたご様子で語ります。

 「自分のことはできるだけ自分でしようと思い、体操をしています」と、
簡単な用具を使って毎日欠かさず手や足を動かすように心掛けている
そうです。

 炊事や洗濯物の片付けなどの家事も楽しみながらこなすとしいさん。

 若い世代には、「悪いことをせずみんな仲良くして、思いやりのある
優しい気持ちを持って暮らして欲しい」とのメッセージをいただきました。


***

取材当日は、一つの質問に対して次から次へと昔話が出てきていた
ようですが、まぁ、上手いことまとめられていました。

市の広報を見るたびに、「そろそろおばあちゃんの番じゃない?」と
話していたので、取材依頼の電話がきた時には、「ついにきたか!」
と家族みんなで思ったものでした。

「広報、見たよ~」と、ご近所さんや市内の親戚から声をかけてもらい
おばあちゃんも、ニコニコ笑顔でした。

いい記念になって、良かったね。
[PR]
by withme95 | 2007-04-27 22:22 | 言葉

Who's he ?

昨日の深夜(日付は今日になっていたので、今日の早朝?)
NHKで放映していたユーミンのライブを偶然観ました。

愛・地球博をきっかけに、歌を通じてアジアをひとつにしようと
いう交流を続けているようですね。

中国語や韓国語で歌われるユーミンの歌もなかなか魅力的♪
参加していたシンガーの歌唱力の賜物?
ユーミンより上手い人ばかりでしたねぇ(笑)

ところで、「最後の嘘」をデュエットしていた男性シンガーは誰?

   Tell a lie 最後だけ本当の嘘をついてよ
          きみが嫌いになったって
   Tell a lie 一度だけ心から嘘をついてよ
          すぐに忘れてしまうって


                     松任谷由実 「最後の嘘」

英語バージョンで歌い上げた二人。
切ない歌詞よりも優しいハーモニーが心に響いて、真夜中にひとり
涙してしまいました・・・・
[PR]
by withme95 | 2007-03-05 22:28 | 言葉

本気

本気になると
世界が変わってくる
自分が変わってくる

変わってこなかったら
まだ本気になってない証拠だ

本気な恋
本気な仕事

ああ
人間一度
こいつを
つかまんことには


ほつまさんのぶろぐ で知った詩人・坂村真民さん。
これは 「本気」 という詩です。

本気で取り組んだことは、必ず自分にとってプラスになります。
真剣な気持ちで向き合った時間は、絶対に無駄ではないからです。

冗談や遊び心も、コミュニケーションのスパイスや潤滑油として
活躍してくれますが、大切な人と相対する時には、いつも根っこに
しっかりとした 「本気」 を持っていたいと思います。
[PR]
by withme95 | 2007-01-10 00:55 | 言葉